Motoharu News Network

最新ニュース15件

ラジオ番組で藤井一彦が「クリスマス・タイム・イン・ブルー」をカバー

カテゴリ: air 投稿日: 2017.12.10 Sun 固定リンク

広島エフエム放送(HFM)の番組「Rock It Out !」(毎週日曜 18:00-18:30 DJ:濱野歩)に月1でレギュラー出演する藤井一彦が、本日12月10日の放送で佐野元春の1985年の曲「Christmas time in blue ─ 聖なる夜に口笛吹いて」のカバーをギター弾き語りで披露した。 番組後半の「藤井一彦(THE GROOVERS)の夕闇ウォーカー」のコーナーの中で。

ラジオ小説に佐野元春

カテゴリ: air 投稿日: 2017.12.10 Sun 固定リンク

エフエム愛媛の制作で、エフエム香川とエフエム岡山、3局ネットのラジオ番組「ニンジニアネットワーク 和田ラヂヲの、聴くラヂヲ2」(毎週土曜 21:00-21:30)にて、佐野元春が登場するラジオ小説が進行中。

リスナーからの投稿で物語が作られていく「竹原文学賞」というコーナーがあり、12月9日放送の中で選ばれた第2話に佐野元春が登場した。 1ヶ月につき1作品(4話完結)の決まりで、今月のタイトルは「飲み屋」。 現在は第3話を募集中で、投稿作品は長くても短くてもかまわないとのこと(毎週水曜日が収録日)。

「竹原文学賞」は番組のブログにも内容が掲載されている。 番組はiTunesのポッドキャストでも聴くことができるが今現在で12月9日放送分はまだ公開されていない

【追記】佐野元春本人が出演しているものではありません。

エンタメステーションに'Smoke & Blue'のライブレポート

カテゴリ: internet 投稿日: 2017.12.09 Sat 固定リンク

エンタメ情報ウェブメディアのエンタメステーションが、11月29日(水)にビルボードライブ東京で開催された佐野元春 and The Hobo King Bandの「Smoke & Blue 2017」のライブレポートを公開した。

東名阪ツアー最終公演 2ndステージの模様をセットリストと写真付きで伝える。 取材・文/森朋之、写真/アライテツヤ。

THE BARN Deluxe Edition(仮)

カテゴリ: release 投稿日: 2017.12.07 Thu 固定リンク

佐野元春の1997年のオリジナルアルバム「THE BARN」の発売20周年を記念した限定ボックスセットが発売される。 発売日は2018年3月14日、レーベル:GT music、品番:MHXL 43~46、税込15,120円(税抜14,000円)。 アナログ盤にBlu-ray、DVD、160P写真集という構成で、佐野のオリジナルアルバムの◯◯周年記念特別版としては初めてCDが含まれない。

アナログ盤は2016年に再発売されたCD「THE BARN」のテッド・ジェンセンによるリマスター音源を元に、バーニー・グランドマンがカッティングを担当して作られるとのこと。 なお、「THE BARN」は1998年にアナログ盤で発売されているので初アナログ盤化ではない。

Blu-rayのタイトルは『「THE BARN TOUR '98 LIVE IN OSAKA」 2018デジタル・リマスター版』で、1998年にVHSで発売された「THE BARN TOUR '98-LIVE IN OSAKA」に、未公開の「マナサス」のライブ映像を追加収録したもの。 これは2018年1月に東京と大阪のZeppで開催予定の上映会で上映されるものと同じ内容と思われる。 DVDはBlu-rayとは違う内容で初商品化のドキュメント映像が収録される。

正式タイトルは未定で商品のパッケージ画像もまだ公開されていないが、SONYのECサイト「Sony Music Shop」他、一部のオンラインソフト販売が本日から予約の受け付けを始めている。

ビルボードライブのインスタに佐野元春 and HKB

カテゴリ: internet 投稿日: 2017.12.02 Sat 固定リンク

ビルボードライブ東京のInstagramに佐野元春 and The Hobo King Bandの集合写真が投稿されている。

会報の表紙を飾ったように見えるビルボードライブ10周年記念パネルに佐野元春、古田たかし、Dr.kyOn、井上富雄、笠原あやの ら5名がポーズを取って収まっている。

佐野元春 and The Hobo King Bandは11月に東京と大阪のビルボードライブで計6日間12公演と、ブルーノート名古屋で2日間4公演の「Smoke & Blue 2017」を開催していた。

「輝く!日本カセットテープ大賞」の大賞にSOMEDAY

カテゴリ: air 投稿日: 2017.12.02 Sat 固定リンク

衛星放送「BS12 トゥエルビ」の音楽番組「ザ・カセットテープ・ミュージック」(毎週金曜 26:00-26:30)が12月1日の第5回放送で「輝く!日本カセットテープ大賞」を開催し、佐野元春の1981年の曲「SOMEDAY」を大賞に選んだ。

番組MCはマキタスポーツとスージー鈴木、アシスタントに春川桃菜。 毎回のテーマに沿ってマキタスポーツが1曲をギターで弾き語りするコーナーがあり、今回は大賞の佐野元春にちなんで「悲しきRADIO」が演奏された。 同番組は月の後半はリピート放送なので、第5回も今月中に再放送があるものと思われる。

野宮真貴のインスタにツーショット写真

カテゴリ: internet 投稿日: 2017.11.30 Thu 固定リンク

野宮真貴のInstagramに佐野元春とのツーショット写真が投稿されている。

11月29日は東名阪ツアー『佐野元春 and The Hobo King Band 'Smoke & Blue 2017'』の最終公演がビルボードライブ東京で開催されていて、その感想が書かれていることから終演後の楽屋で撮影したものと思われる。

KBCラジオの局名告知に佐野元春の声

カテゴリ: air 投稿日: 2017.11.29 Wed 固定リンク

福岡のAMラジオ局、KBCラジオの局名告知(ジャンクション)に佐野元春が登場した。 「SOMEDAY」をBGMに『佐野元春です。AMもFMもラジコも、福岡のラジオはKBC。お楽しみに。』と語りかける。 時間は20秒。

いつ頃から流されているのかは不明だが、11月29日(木)17:00からのニュース番組「ニュースパレード」の最後で使用されているのがラジコのタイムフリー・エリアフリーで確認できる。

「僕の音盤青春記 花の東京編」に佐野元春の話題

カテゴリ: paper 投稿日: 2017.11.28 Tue 固定リンク


10月28日に発売された牧野良幸の単行本「僕の音盤青春記 花の東京編 1981-1991」に佐野元春をテーマにしたコラム2編が収録されている。

イラストレーターの牧野良幸が、カセットブック「ELECTRIC GARDEN」の挿絵と12インチシングル「クリスマス・タイム・イン・ブルー」のジャケットの銅版画の製作を依頼された経緯を語るというもので、話やイラストの中に当時の佐野が登場する。 「クリスマス・タイム・イン・ブルー」のアートワーク「クリスマスの夜」には、採用されなかった色違いの別バージョンが数点あって、それが写真で紹介されている。

この本は月刊誌「CDジャーナル」の連載をまとめたもので、今回がシリーズ第3弾。 2007年に発行された第1弾では佐野が帯に推薦文を寄せていた。

発行:音楽出版社、ISBN:9784861711688、税込2,000円(税抜1,851円)。

12月 井上鑑「Café Ostinato」 ゲストに佐野元春

カテゴリ: events 投稿日: 2017.11.27 Mon 固定リンク

東京・代官山のライブハウス「晴れたら空に豆まいて」で行われる井上鑑のトーク&ライブイベントに佐野元春がゲスト出演する。

イベントタイトルは『井上鑑「Café Ostinato」Vol.1 “言語と音場” featuring 佐野元春』。 開催日時は12月26日(火)、18:30開場/19:30開演。

チケット料金は前売り3,500円、当日4,000円で、入場時に別途1ドリンク代600円が必要。 明日、11月28日(火)15:30から12月1日(金)まで、「晴れたら空に豆まいて」が電話とメールで先行予約を受け付け。 一般発売は12月2日(土)10:00からイープラス、ぴあ、Peatixにて。

長野日報と上毛新聞にインタビュー掲載【追】

カテゴリ: paper 投稿日: 2017.11.17 Fri 固定リンク

諏訪市に本社がある長野県南信地方の地方紙 長野日報と、群馬県の県紙 上毛新聞のいずれも11月16日付けの紙面に佐野元春インタビュー記事が掲載されている。 時事通信が配信した同じ内容の記事でそれぞれ写真が1点添えられている。 聞き手や撮影者の署名は無し。

長野日報の見出しは『新作アルバム「マニジュ」をリリース/佐野元春/人々に寄り添うロック』で掲載写真は白黒。 1部売りは110円。

上毛新聞の見出しは『新譜リリースで充実期/佐野元春/常に新鮮な音作り「弱者に寄り添う」』で掲載写真はカラー(長野日報と同じ'東京都港区'で撮影された別の写真)。 1部売りは120円。

【追加情報 11/21】 11月19日付け福井新聞と11月21日付け京都新聞夕刊にも掲載あり。

来年1月 アルバム「THE BARN」20周年記念 ライヴ上映会を東京・大阪で開催

カテゴリ: events 投稿日: 2017.11.08 Wed 固定リンク

佐野元春 and The Hobo King Bandのアルバム「THE BARN」の発売20周年を記念して、当時のライブの模様を収めたフィルム上映会が東京と大阪で開催される。 1998年にVHSで発売された「THE BARN TOUR '98-LIVE IN OSAKA」の素材をレストア&リマスタリングしたものに未公開映像を加えて上映するとのことで、いずれの会場にも佐野元春が登場してトークショーも行われる。

会場と日時は、'Zepp 東京'が2018年1月16日(火)18:00開場/19:00開演、'Zepp なんば大阪'が17日(水)18:00開場/19:00開演。

チケット料金は全席指定で中・後方から見るセンター・エリア席が前売4,000円(当日4,500円)、スクリーンに近い一般指定席が前売3,000円(当日3,500円)。 いずれも入場時に別途1ドリンク代500円が必要。

FC「mofa」のチケット先行予約(抽選)は11月15日(水)15:00から11月30日(木)17:00まで受け付け。 一般先行販売(抽選)は2017年12月7日(木)11:00から。

また、このニュースに合わせて、来年2月にコンピレーションアルバム「THE BARN 20周年アニバーサリー・エディション(仮)」が発売予定であることも発表された。

リテラが佐野元春のスポークンワーズ新譜を「トランプ批判の楽曲」と紹介

カテゴリ: internet 投稿日: 2017.11.07 Tue 固定リンク

ニュースサイトのLITERAが、佐野元春が今日の午前中まで来日していたアメリカ合衆国大統領、ドナルド・トランプや日本国首相の安倍晋三を批判していると報じている。

見出しは『佐野元春がトランプ批判の楽曲を発表! 安倍首相のICANノーベル平和賞無視や沖縄基地問題への対応にもNOを』。 LITERAが佐野元春の最近の発言や歌詞を引用して佐野の心境を推察するという内容で、佐野本人への取材などは無い。

LITERAは反権力・極左の色彩が濃いと言われた雑誌「噂の真相」(2004年休刊)の流れを汲む独自記事掲載のネットメディア。 論調が極端でソースとしての価値は低いとも言われている。

来年2~3月 全国ツアー「MANIJU」

カテゴリ: events 投稿日: 2017.11.06 Mon 固定リンク

佐野元春の公式サイトMWSが、佐野が7月に発売した新作アルバム「Maniju」を携えての全国ツアーを来年2~3月に開催すると発表した。

ツアータイトルは『佐野元春&ザ・コヨーテ・バンド 全国ツアー2018「MANIJU (マニジュ)」』。 今日発表されたのは開催順に、東京・福岡・仙台・名古屋・大阪・札幌の6都市6公演。

チケットは全席指定 税込8,200円で、仙台のSENDAI GIGS公演のみ、入場時に別途ドリンク代が必要。 一般発売は2月開催の東京・福岡・仙台公演が12月23日(土)から。 3月開催の名古屋・大阪・札幌公演が2018年1月27日(土)から。

河北新報にインタビュー掲載

カテゴリ: paper 投稿日: 2017.11.06 Mon 固定リンク

仙台市に本社がある東北地方のブロック紙、河北新報の11月3日付けの朝刊に佐野元春インタビュー記事が掲載されている。

見出しは『僕の禅精神 作品に/佐野元春/2年ぶり新アルバム「MANIJU」/全12曲、演劇的手法で表現』。 掲載量は886字で、撮り下ろしの白黒写真1点あり。 聞き手や撮影者の署名は無し。

朝刊1部売りは140円。