最新ニュース15件

雑誌「SWITCH」4月号にインタビュー掲載

カテゴリ: paper 投稿日: 2019.03.20 Wed 固定リンクページに移動


3月20日発売の月刊誌「SWITCH」Vol.37 No.4にカラー4ページの佐野元春インタビュー記事が掲載されている。

見出しは『佐野元春[新たな音楽、新たな体験] ─ パーソナルリスニングの到達点』。 内容はSONYとのタイアップ記事で、3月23日発売予定のイヤホン「IER-Z1R」(オープン価格、ソニーストアでは199,880円+税)と、ポータブルデジタルオーディオプレーヤー「NW-WM1Z」(2016年発売、オープン価格、ソニーストアでは299,880 円+税)を使って佐野がハイレゾ音源を体験するというもの。

PHOTOGRAPHY: GOTO TAKEHIRO, HAIR &MAKE UP: YOSHIKAWA KIYOMI, TEXT: SUGAWARA GO.

発行:スイッチパブリッシング、ISBN:978-4884185152、表紙:藤原ヒロシ、税込1,080円(税抜1,000円)。

8月 北海道「ライジング・サン・ロックフェスティバル」に出演

カテゴリ: events 投稿日: 2019.03.20 Wed 固定リンクページに移動

8月16日(金)と17日(土)に北海道小樽市の石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージで開催されるロックフェス「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO」に佐野元春 & The Coyote Bandが出演する。 本日フェス公式サイトが発表した出演アーティストの第2弾で明らかになったもの。 各アーティストの出演日やタイムテーブルはまだ発表されていない。

チケットの先行予約は当面、会場にテントを張って宿泊する人用のテントサイト付きチケットが取り扱われる。 最も安価な1日入場券(16日は11,000円、17日は15,000円)は6月21日(金)から抽選の受け付けが始まる。

日本の4大ロックフェスのひとつに数えられる「RISING SUN ROCK FESTIVAL」は1999年から毎夏開催されている邦楽の野外ロック・フェスティバルで今年は21回目。 佐野は同フェスに4年ぶり2回目の出演。

3/25 NHK「ラジオ深夜便」 佐野元春特集

カテゴリ: air 投稿日: 2019.03.18 Mon 固定リンクページに移動

NHK-FMとNHKラジオ第1の番組「ラジオ深夜便」(毎日 23:15-翌朝5:00)の3月25日(月)放送回で佐野元春特集が組まれる。 26時台(26日未明2時台)のロマンチックコンサートのコーナーで。 毎月第2・4月曜日担当のアンカーは柴田祐規子アナウンサー。

本日 佐野元春の誕生日

カテゴリ: air internet 投稿日: 2019.03.13 Wed 固定リンクページに移動

本日は佐野元春の63歳の誕生日。

音楽評論サイトの「大人のMusic Calendar」と「Re:minder」にて佐野元春評が公開された。

佐野の公式サイトMWSは恒例のバースデー・メッセージ企画を開催しファンに投稿参加を呼びかけている。

東京のAMラジオ局、文化放送の番組「ミスDJリクエストパレード~8116サンデーアップ!」(毎週日曜日 13:00-15:00 出演:千倉真理)は、次回3月17日の放送を『佐野元春 伝説の83年ツアー』と予告した。

フリーペーパー「TOKYO VOICE」VOL.7 インタビュー掲載

カテゴリ: paper internet 投稿日: 2019.03.02 Sat 固定リンクページに移動

タブロイド版フリーペーパーの「TOKYO VOICE」VOL.7の表紙に佐野元春が登場し、紙面にインタビュー記事が掲載されている。

見出しは『ミュージシャン・ソングライター/62歳・東京都』。 掲載量は表紙を含めて7ページで、1歳5ヶ月という愛犬のゾーイとの写真数点も載っている。 Photographer / Mae Kosuke, Edit & Text / Yamamoto Yuki.

「TOKYO VOICE」は40ページの全編がインタビュー記事だが、各取材対象者の名前は大々的には伝えず、インタビューの最後に小さくクレジットされているのが特徴。 VOL.7は3月1日(金)から順次、日本全国約300ヶ所のアパレルショップ、セレクトショップ、カフェなどで無料配布。 希望者には有料で郵送も行っている。 なお、佐野元春インタビュー部分は、ウェブ上でも全テキストと全写真が公開されている。

3/2 NHK-FM「今日は一日“ありがとうFM50”三昧 ポップス編」 コメントゲスト出演

カテゴリ: air 投稿日: 2019.02.25 Mon 固定リンクページに移動

NHK-FMの番組「今日は一日◯◯三昧」の3月2日(土)放送回に佐野元春がコメントゲストで出演する。 当日はNHK-FMの開局50周年を記念して「今日は一日“ありがとうFM50”三昧 ポップス編」を放送。 時間は13:00-23:00(18:50-19:20はニュースで中断)。

司会は秀島史香と塩澤大輔アナウンサー。 ステジオゲストは松任谷正隆、横山剣、ヒャダイン、野宮真貴、土岐麻子、津野米咲、眉村ちあき。 コメントゲストは佐野元春、布袋寅泰、miwa。

TVアニメ「新幹線変形ロボ シンカリオン」でSOMEDAY

カテゴリ: air internet 投稿日: 2019.02.24 Sun 固定リンクページに移動

TBS系列で放送中のテレビアニメ「新幹線変形ロボ シンカリオン」(毎週土曜日 7:00-7:30)の2月16日放送の第58話の中で、30年前にJR東海が展開したキャンペーン「ファイト!エクスプレス」について語られるくだりがあり、そのCMソングだった佐野元春の「SOMEDAY」がBGMとしてオンエアされた。 直後に「佐野元春」がTwitterでトレンド入りし、ネットニュースにも取り上げられるなどして話題となった。

現在、YouTubeのタカラトミー公式チャンネルにて1週間限定の見逃し配信で同話を視聴できるが、残念ながらBGMは除かれている(12分頃から)。

Twitterで吉川清海が話題に

カテゴリ: internet 投稿日: 2019.02.14 Thu 固定リンクページに移動

最近の佐野元春のライブで、パーカッションの大井'スパム'洋輔が不在の時に代わりにコンガを叩いている、あるいはスパムがいる時でもその後ろで何かを演奏している人物が、佐野ファンのツイッターユーザーの間で「偽スパム」として話題になっていたが、その人物は佐野のヘアメイクを担当している吉川清海(よしかわ きよみ)と判った。

ツイッターユーザーの@Sudachi35さんが、吉川清海が2016年12月に投稿したFacebookの書き込みを発見。 吉川清海はユースケ・サンタマリアが所属していたバンド「BINGO BONGO」(活動期間:1994-1997年)でパーカッションを担当していたという。

なお、「偽スパム」とは、「なんとなく遠目からの風貌がスパムに似ているが正体がよく判らない。」というところから付けられた仮の名で、決して悪意をもってそう呼ばれていたわけではない。 吉川清海は当サイトの記録では2010年頃から雑誌インタビューでの撮り下ろしで佐野のヘアメイクを担当している。

電子書籍「Gentle music magazine」Vol.47にDarjeelingインタビュー

カテゴリ: internet 投稿日: 2019.01.31 Thu 固定リンクページに移動


1月31日発売の電子書籍「Gentle music magazine」(ジェントルミュージックマガジン) Vol.47に、佐橋佳幸とDr.kyOnによるユニット「Darjeeling」の26ページにわたるロングインタビュー記事が掲載されている。

1月23日に発売された4thアルバム「8芯二葉~雪あかりBlend」の中の1曲「流浪中」にゲスト参加した佐野元春とのレコーディングのエピソードあり。 スタジオレコーディングに臨む佐野元春の写真も数点掲載されている。

発行:K-SWING、表紙:GRAPEVINE、税込540円。

なお、佐野元春とのレコーディング・エピソードについては、音楽ポータルの「Real Sound」で公開されたDarjeelingインタビュー(聞き手:内本順一)の中でも披露されている。

rockinon.comに「COUNTDOWN JAPAN 18/19」のクイックレポート

カテゴリ: internet 投稿日: 2018.12.30 Sun 固定リンクページに移動

出版社のロッキング・オンが主催する千葉・幕張メッセ国際展示場で開催中の年越しロックフェスティバル「COUNTDOWN JAPAN 18/19」のクイックレポートがロックポータルのrockinon.comに随時アップされている。

本日30日14時30分からMoon Stageに登場した佐野元春 & The Coyote Bandの写真数点(バンドメンバー1名につき1点)とセットリストが公開された。

1/6 NHK-FM「洋楽グロリアス デイズ」 ゲスト出演

カテゴリ: air 投稿日: 2018.12.26 Wed 固定リンクページに移動

来年3-4月 ビルボードライブで「Smoke & Blue 2019」を開催【追】

カテゴリ: events 投稿日: 2018.12.25 Tue 固定リンクページに移動

2019年3月と4月に、東京と大阪のビルボードライブで「佐野元春 & The Hobo King Band Billboard Live 'Smoke & Blue 2019'」が開催される。 出演は佐野元春/古田たかし/Dr.kyOn/井上富雄/長田進。 2012年から不定期に開催されている「Smoke & Blue」は今回で6回目。

開催日は大阪が3月7日(木)、4月13日(土)、4月14日(日)の3日間。 東京が3月14日(木)、3月15日(金)、4月4日(木)、4月5日(金)の4日間。 各日2公演で計14公演。

チケット料金は8,300~9,300円(東京大阪共)。 チケットの予約受付開始はビルボードライブのメンバーシップ「Club BBL」会員であれば1月23日(水)から。 一般は2018年1月30日(水)から。 例年通りなら、佐野元春のFC「mofa」会員も「Club BBL」会員と同日に電話で先行予約に参加ができるものと思われる。

【追加情報 12/26】 「Smoke & Blue 2019」は前回の2017年に引き続いて名古屋ブルーノートでも開催。 開催日は3月24日(日)、3月25日(月)の2日間、各日2公演。 ミュージックチャージは9,800円。 チケットの予約受付開始は名古屋ブルーノートのメンバーズクラブ会員が2月1日(金)から、一般は2月8日(金)から。 これにより公演数は全部で18。

YouTubeにスガフェス!「ヤングブラッズ」のダイジェスト映像

カテゴリ: air 投稿日: 2018.12.22 Sat 固定リンクページに移動

佐野元春のYouTube公式アカウントが、佐野元春とスガシカオが共演した「Young Bloods」の40秒ダイジェスト動画を公開した。 動画の公開は期間限定としているがいつまで公開されるのかは不明。

この動画は11月28日に発売されたスガシカオのライブBlu-ray・DVD「スガフェス!20th ANNIVERSARY LIMITED EDITION」のプロモーション。 価格はBlu-ray(VIZL-1457)が税込13,500円、DVD(VIZL-1458)が税込11,880円で、いずれも3枚組で完全限定生産盤としている。

佐野は昨年9月に大阪城ホールで開催されたスガシカオ主宰のライブイベント「スガフェス!WEST ~スガシカオ vs kokua 絶対に負けられない対バンがある in 大阪~」にゲスト出演し、「Young Bloods」「情けない週末」「SOMEDAY」の3曲を共演していた。

※Blu-ray・DVDに収録されているのは「Young Bloods」のみ。 また、佐野の映像が収録されているのは上記の完全限定生産盤のみで、同時発売の通常盤には収録されていない。

12/21-22 JFN系列とJ-WAVEの番組にゲスト出演

カテゴリ: air 投稿日: 2018.12.20 Thu 固定リンクページに移動

佐野元春の公式サイトMWSが佐野元春のFMラジオ番組へのゲスト出演を告知した。

12月21日(金)は、JFN系列9局ネットの番組「OKAMOTO’S SHOCK THE RADIO」(TOKYO FMは毎週金曜 18:00-18:24)にゲスト出演。 ネット局はオンエアが早い順にTOKYO FM、@FM(20:00-20:25)、Date fm(20:00-20:25)、FM OH!(21:30-21:55)、FM FUKUOKA(21:30-21:55)、HFM(22日 18:30-18:55)、AIR-G'(22日 18:30-18:55)、FM OKINAWA(22日 20:30-20:55)、K-mix(23日 20:00-20:25)。

12月22日(土)は、東京のラジオ局・J-WAVEの番組「Radio DONUTS」(毎週土曜 8:00-12:00 ナビゲーター:渡辺祐 / 山田玲奈)にゲスト出演。こちらは生出演とのこと。

「禅BEAT TOUR 2018」11月公演のライブレポート

カテゴリ: internet 投稿日: 2018.12.13 Thu 固定リンクページに移動

10~11月に開催された佐野元春の全国ツアー「佐野元春 & THE COYOTE BAND 禅BEAT TOUR 2018」から、11月公演のライブレポートがウェブの各所で公開されている。

福岡・イムズホール公演のレポートはフリーペーパー「シアタービューフクオカ」の公式サイトに。 テキストは同誌編集長の筒井あや。

BLUELIVE HIROSHIMA公演のレポートは広島FMの番組「ライブトライブ」のDJ:キムラミチタが同番組のブログで公開。

横浜・LANDMARK HALL公演のレポートは、1980年代に発行されていた音楽雑誌「MUSIC STEADY」初代編集長の市川清師と、音楽評論家の小尾隆がそれぞれの個人ブログに投稿。 横浜のコンサートプロモーター「KMミュージック」の公式サイトにも執筆者不明でレポートあり。

Zepp札幌公演のレポートは北海道のコンサートプロモーター「WESS」の公式サイトに掲載。 このレポートは、モッサン(Selfarm)、畑山悠月(–KARMA-)、いずれも札幌で活動中のバンドのボーカル二人に、ライブハウス「PENNYLANE 24」のシニアマネージャー・大槻正志がライブの感想を聞くという形でまとめられている。