最新ニュース15件

本日5/11 Date fm「RAD ~Radio All Day~」 生電話ゲスト出演

カテゴリ: air 投稿日: 2022.05.11 Wed 固定リンクページに移動

宮城県のFMラジオ局、Date fmの番組「RAD ~Radio All Day~」(毎週月-木曜日 13:30-15:50)に佐野元春が電話でゲスト出演する。 佐野の公式サイトMWSが最新ニュースで伝えたもの。

出演は本日5月11日(水)、15時台の予定。 水曜担当DJは中村マサトシ。

佐野は「佐野元春 & THE COYOTE BAND 全国ホールツアー 2022 ‘WHERE ARE YOU NOW’」仙台電力ホール公演が5月22日(日)に控える。

7月発売の新作アルバム第2弾のタイトルは「今、何処」

カテゴリ: release 投稿日: 2022.05.06 Fri 固定リンクページに移動

佐野元春のfacebook公式アカウントが、かねてよりリリースを予告していた新作アルバムのタイトルと曲目、発売日を発表した。 佐野元春 & The Coyote Band 名義としては6枚目、佐野のオリジナルアルバムとしては20枚目の作品。

発売日は7月6日(水)。 タイトルは『今、何処』 (WHERE ARE YOU NOW)。 「WHERE ARE YOU NOW」は現在行われている佐野の全国ツアーのタイトルと同じ。 収録トラック数は14で、既発シングル「銀の月」やライブで披露されたことがある「斜陽」などの曲名が見られる。

DVDを含むディスク3枚組の初回生産限定デラックス・エディション(品番:DMA-26 税込7,150円)と、CD1枚のみの通常盤(品番:DMA-28 税込3,300円)の2形態が用意され、デラックス・エディションには4月に配信のみでリリースされた新作アルバム連続リリース第1弾の『ENTERTAINMENT!』が同梱される。

今回、アートワークは公開されなかったが、16th『Blood Moon』、17th『Maniju』に続いてイギリスのデザイン・チーム「StormStudios」によるデザインという。

レーベルは引き続き「DaisyMusic」で、このアルバムは佐野がソニー・ミュージックエンタテインメントに復帰・再契約後の初めてのフィジカルリリース。 今日からオンラインソフト販売で予約受付が始まった。

【追加情報 5/11】 読み方は「いま・どこ」。 現在行われているツアーのステージでのMCや、Date fmの番組への生電話ゲスト出演で判明。

伊藤銀次&杉真理のライブにゲスト出演【追】

カテゴリ: events 投稿日: 2022.05.02 Mon 固定リンクページに移動

5月1日(日)に「Billboard Live TOKYO」で開催されたライブ「伊藤銀次&杉真理 トライアングル・ソングス」(1日2公演)に佐野元春がゲスト出演した。

この日は全編、1976年と1982年のアルバム「NIAGARA TRIANGLE Vol.1~2」から、あるいはその周辺からの選曲。 佐野は途中から特別ゲストとして登場し、「マンハッタンブリッヂにたたずんで」「Bye Bye C-Boy」「A面で恋をして」を歌唱(前2曲はキーボードも、「A面で~」はタンバリン)。 アンコールでは持参した赤いストラトキャスターで「彼女はデリケート」を演奏した(曲目は1st、2ndステージで同じ)。

佐野はシークレットゲストだったが、厳密には先々月放送されたオールナイトニッポン「NIAGARA TRIANGLE Vol.2 40周年SP」に佐野と杉真理がゲスト出演した際、杉が"匂わせ告知"をしていた。

伊藤は故・大滝詠一主催の「NIAGARA TRIANGLE Vol.1」のメンバーで、佐野と杉は「Vol.2」のメンバーだが、この3人が「変則 NIAGARA TRIANGLE Vol.2」として「A面で恋をして」を歌うのは、2008年の杉真理のデビュー30周年記念ライブと、2015年の松本隆の作詞活動45周年記念コンサートに続いて3度目。

【追加リンク 5/10】 伊藤銀次と杉真理がそれぞれの公式ブログに投稿したライブレポートのリンクを追加。

小坂忠の死を悼む

カテゴリ: internet other 投稿日: 2022.04.29 Fri 固定リンクページに移動

シンガーソングライターの小坂忠が4月29日に癌により亡くなった。 享年73歳。

佐野元春が自身のfacebook公式アカウントに追悼コメントを寄せている。

小坂忠は細野晴臣や松本隆らとバンドを組んでいたことや、ソロ転向後の「しらけちまうぜ」のヒットで知られるが、佐野と所縁が深い人物でもある。

佐野は自身がプロシンガーとしてデビューする以前の1970年代後半、佐藤奈々子のデビューアルバムにコンポーザーとして関わっており、そこでプロデューサーだった小坂と知り合う。 小坂は当時、CM音楽の制作会社も営んでいて、大学生だった佐野はアルバイトとして雇われ、「ムキムキマンのエンゼル体操」(作詞:景山民夫、作・編曲:小坂忠、歌:かたせ梨乃&カツヤクキン)のレコーディングにキーボードで参加している。

2000年代以降はお互いにゲスト共演がたびたびあった。 最近では2020年2月に開催された佐野元春トリビュートライブ『SONGS&FRIENDS 佐野元春「Café Bohemia」』に小坂が参加。 ハウスバンドをバックに佐野の「ロックンロール・ハート」と「君を連れて行く」を歌った。

佐野は2009年発売の小坂のオリジナルアルバム「Connected」(Vicctor Entertainment VICL-63267)に「ふたりの理由、その後」という楽曲の提供もしている。

ナイアガラ・トライアングル 「A面で恋をして」がアナログ7インチ盤で発売

カテゴリ: release 投稿日: 2022.04.26 Tue 固定リンクページに移動

3月に発売されたアルバム「NIAGARA TRIANGLE Vol.2 40th Anniversary Edition」(大滝詠一・佐野元春・杉真理)より、3人が唯一共演した曲「A面で恋をして」がアナログ7インチのシングル盤で発売される。 4月25日より一部のオンラインソフト販売が予約受付を始めた。

発売日は8月3日(水)、発売元:ソニー・ミュージックレーベルズ、型番:SRKL-3051、税込1,980円(税抜1,800円)。 『国内最高峰のSony Music Studios Tokyoによる2022年版最新カッティング』で、完全生産限定としている。 アートワークはまだ発表されていない。

カップリングは金沢明子の「イエローサブマリン音頭(特別変)」で、この曲には佐野元春もゲスト参加している(オリジナルは1982年リリース)。 「イエローサブマリン音頭(特別変)」は3形態で発売された「NIAGARA TRIANGLE Vol.2 40th Anniversary Edition」のうち、最も豪華版の「NIAGARA TRIANGLE Vol.2 VOX」(SRCL-12300~7)のDisc2に初収録されている

4/29 HFM「ライブトライブ」 リモートインタビューゲスト

カテゴリ: air 投稿日: 2022.04.23 Sat 固定リンクページに移動

広島エフエムの番組「ライブトライブ」(毎週金曜日 20:00-20:55 DJ:安広修平)に佐野元春がゲスト出演する。 4月29日、毎月最終週企画、キムラミチタによるインタビューコーナー「オトナトライブ」にリモートで登場するとのこと。 すでに収録は行われた模様。

佐野は現在、The Coyote Band とともに全国ツアー中で、広島公演(JMSアステールプラザ 大ホール)は5月28日(土)に開催予定。 5月開催分のチケットはすでに一般発売が始まっている。

BARKSに札幌公演のレポート

カテゴリ: internet 投稿日: 2022.04.23 Sat 固定リンクページに移動

音楽情報サイトのBARKSに、音楽ライター・兵庫慎二による佐野元春のライブレポートが掲載されている。

4月16日(土)に札幌市教育文化会館にて開催された「佐野元春 & The Coyote Band 全国ホールツアー 2022 ‘WHERE ARE YOU NOW‘」(全12公演中の2公演目)の様子を伝える。 アライテツヤ撮影のステージの写真も数点掲載。

4/22 東海ラジオ「源石和輝!抽斗!」 生電話ゲスト出演

カテゴリ: air 投稿日: 2022.04.20 Wed 固定リンクページに移動

愛知県のAMラジオ局、東海ラジオの番組「源石和輝!抽斗!」(げんいしかずてる ひきだし 毎週月-金曜日 15:00-17:00)に佐野元春が電話でゲスト出演する。 4月22日(金)15:15~15:28頃に登場予定。

翌日4月23日(土)は佐野元春 & The Coyote Band の全国ツアー「WHERE ARE YOU NOW」の愛知県芸術劇場 大ホール公演の開催日。

「NIAGARA TRIANGLE Vol.2 読本」 インタビュー掲載

カテゴリ: paper 投稿日: 2022.04.01 Fri 固定リンクページに移動


3月31日に発売されたガイド誌「別冊ステレオサウンド NIAGARA TRIANGLE Vol.2 読本」(監修:湯浅学)に佐野元春インタビューが掲載されている。

先頃発売された40周年記念アルバム「NIAGARA TRIANGLE Vol.2 40th Anniversary Edition」について、関連アーティスト・インタビューのコーナーがあり、佐野元春/杉真理/伊藤銀次/金沢明子/難波弘之/林立夫/松武秀樹らのインタビューを掲載。 聞き手:湯浅学/伊藤隆剛、構成:伊藤隆剛。

佐野のインタビュー部分の掲載量は8ページで、撮り下ろしは無し。 15日発売の「レコード・コレクターズ」4月号のインタビューのテーマは佐野がアルバムに提供した曲についてだったが、この本では当時の佐野の人間関係を主なテーマに進行する。 杉真理や伊藤銀次のインタビューも同様で、したがってその中にも佐野の話題は出てくる。

他に『「NIAGARA TRIANGLE Vol.2」 深聴きのためのアルバム30選』というコーナーがあり、佐野のアルバム4作品が紹介・解説されている。

発行:ステレオサウンド、ISBN: 9784880734750、税込2,750円(税抜2,500円)

4/5 FM福岡「DIG!!!!!!!! FUKUOKA」 生電話ゲスト出演

カテゴリ: air 投稿日: 2022.03.31 Thu 固定リンクページに移動

エフエム福岡の番組「Ultra Radio Connection DIG!!!!!!!! FUKUOKA」(毎週月-木曜日 12:30-16:30)に佐野元春が電話でゲスト出演する。 4月5日(火)13時台に登場予定。 火曜日担当のDJはBUTCHと愛智望美。

佐野は4~7月に3年半ぶりの全国ツアーが控えていて、5月8日(日)開催予定の福岡市民会館 大ホールの他、5月開催分(熊本・新潟・宮城・広島・大阪)のチケット一般前売りが4月9日(土)から始まる。

名盤ライブ「SOMEDAY」 Blu-rayで発売

カテゴリ: release 投稿日: 2022.03.25 Fri 固定リンクページに移動


2013年に開催された『名盤ライブ「SOMEDAY」』の映像がBlu-rayで発売される。

発売日は5月25日(水)、商品名は『名盤ライブ「SOMEDAY」 LIVE IN CONCERT ZEPP DIVERCITY 2013.11.16』。 発売:ソニー・ミュージックダイレクト、型番:MHXL-110、税込5,500円(税抜5,000円)。

『名盤ライブ「SOMEDAY」』は、佐野元春の1982年のアルバム「SOMEDAY」の全曲を曲順通りにオリジナルのアレンジで完全再現するという趣向のライブイベント。 東京と大阪で2公演づつ開催されたのちに、衛星放送の音楽専門チャンネル「MUSIC ON! TV」で翌2014年に放送もされた。

すなわちこれは新しいプロダクツでは無いが、今年がアルバム「SOMEDAY」の発売40周年ということで、それを記念して初めて商品化される。 Blu-ray化にあたって、「MUSIC ON! TV」では放送されなかったアンコールの3曲も収録し、音源は最新リマスタリングが施される。 現時点で「SOMEDAY」の40周年記念企画はこれ以外には発表されていない。

新作アルバム「ENTERTAINMENT!」 特集ページを公開

カテゴリ: internet 投稿日: 2022.03.23 Wed 固定リンクページに移動

佐野元春の公式サイトMWSが4月8日(金)にリリースされる新作アルバムの詳細を発表した。

アルバムタイトルは「ENTERTAINMENT!」。 既発の5曲と新作5曲の合計10曲という構成。 プラットフォームと価格は不明(一部音楽ポータルのニュースによると「iTunes Store 他、2,500円」)。 配信のみのリリースということで、佐野のオリジナルアルバムにおいて発売当初の商品ラインナップからCDが外されるのは1982年のCDの発明以降で初めてのこと。

7月に予定されている新作アルバム第2弾については新しい情報はなく、先頃配信された「元春TV SHOW #002」の中で佐野自身が告知した通り、すべて新曲の14曲がパッケージと配信で発売されるということが改めて発表された。

対談集「ザ・ソングライターズ」

カテゴリ: paper 投稿日: 2022.03.21 Mon 固定リンクページに移動


佐野元春と著名なシンガーソングライターや作詞家との対談を収録した単行本「ザ・ソングライターズ」が3月21日に発売された。 2009年から2012年にかけて、Eテレで各年1クールづつ放送された番組「佐野元春のザ・ソングライターズ」のトークセッションを、番組内に収めることができなかった部分も含めて再構築して書籍化したもの。

番組にゲスト出演した以下の23組全員を収録。 小田和正、さだまさし、松本隆、スガシカオ、矢野顕子、Kj、桜井和寿、後藤正文、鈴木慶一、岸田繁、RHYMESTER、山口一郎、山口隆、KREVA、曽我部恵一、トータス松本、キリンジ、七尾旅人、中村一義、大木伸夫、星野源、山崎まさよし、なかにし礼。 ここに大滝詠一が佐野のラジオ番組にゲスト出演(2011年4月)した際のトークをテキスト化したものが付録として加えられて全24編 866ページという内容。

発行:スイッチパブリッシング、ISBN:9784884185855、税込5,280円(税抜4,800円)。

雑誌「SWITCH」4月号にインタビュー掲載

カテゴリ: paper 投稿日: 2022.03.21 Mon 固定リンクページに移動


3月20日発売の月刊誌「SWITCH」 Vol.40 No.4 に佐野元春インタビュー記事が掲載されている。

3月21日に発売される佐野元春の対談集「ザ・ソングライターズ」(ISBN: 9784884185855 税込5,280円)の出版を記念したもの。 テキスト:菅原豪、掲載量はカラー5ページ(P116-120)。

撮り下ろしは無く、2009年のEテレの番組「佐野元春のザ・ソングライターズ」収録時に撮影された松本隆とのツーショット、およびスガシカオとのツーショットを掲載。 いずれも撮影は黒須一彦。

発行:スイッチパブリッシング、ISBN:9784884185732、税込990円(税抜900円)。

【追加情報 4/11】 同誌の公式サイト「SWITCH ONLINE」が、誌面に掲載されたインタビュー記事の一部を抜粋して公開した。

「レコード・コレクターズ」4月号に佐野元春インタビュー掲載

カテゴリ: paper 投稿日: 2022.03.15 Tue 固定リンクページに移動


3月15日発売の音楽雑誌「レコード・コレクターズ」2022年4月号に佐野元春インタビュー記事が掲載されている。

同号の第1特集は、間もなく40周年記念盤がリリースされるアルバム「NIAGARA TRIANGLE Vol.2」(大滝詠一・佐野元春・杉真理)。 ユニットのメンバーであった佐野元春と杉真理のインタビューが掲載されている他、別記事で佐野がブレイクする以前のアマチュア時代を含めた初期の活動についての解説もある。

インタビューの聞き手は木村ユタカ、掲載量は6ページ、撮り下ろしは無し。 初期の佐野元春解説は池上尚志によるテキストで掲載量は6ページ。 「NIAGARA TRIANGLE Vol.2」特集は全部で47ページ。

発行:ミュージック・マガジン、税込880円(税抜800円)。