Motoharu News Network

最新ニュース15件

6/30-7/7 「日比谷音楽祭2024」 U-NEXTで見逃し配信

6月8日(土)と9日(日)に開催されたフリーイベント「日比谷音楽祭2024」の模様が、定額制動画配信サービスのU-NEXTで「見逃し配信」される。 佐野元春のステージの様子も配信予定となっている。

この「見逃し配信」は、イベント当日にU-NEXTで生配信されたものを『基本的に当日の配信映像のタイム感のままご覧いただきます』としている。 初回はイベント当日と同じタイムスケジュールでストリーミング配信を行い、その後はオンデマンドで見たい箇所を期間中に何度でも視聴が可能とのこと。 佐野が出演した6/9【DAY2】の配信期間は6月30日(日)10:25から7月7日(日)23:59まで。

番組の視聴はU-NEXT(税込2,189円/月)に加入していれば追加料金は無し。 未契約の場合、31日間お試しの無料トライアルあり(トライアル期間中の解約自由)。

「Land Ho! 佐野元春への105の質問」をYouTubeで公開

佐野元春のYouTube公式チャンネルが「Land Ho! 佐野元春への105の質問」というを公開した。 山梨県の本栖湖の湖畔を散策する佐野を、映像作家の近浦啓が撮影をしながら一問一答のインタビューを行うという内容。

この動画の初出は2020年9月に開催されたストリーミング動画配信イベント『佐野元春40周年記念フィルムフェスティバル Vol.3:「ベストアルバム2タイトル発売記念、佐野元春ライブムービーと最新インタビューでふりかえる40年」』。 全部で1時間ほどにまとめられた映像コンテンツ群の中のひとつだった。 動画には佐野の愛犬、ゾーイも登場する。

「日比谷音楽祭2024」 ライブレポート

東京都千代田区の日比谷公園と東京ミッドタウン日比谷を会場に開催されたフリーイベント「日比谷音楽祭2024」から、佐野元春のステージの様子を佐野のfacebook公式アカウントやスポーツ新聞サイトなどが伝えている。

佐野が出演したのは本日15:00スタートの日比谷公園大音楽堂「Hibiya Dream Session 2」。 佐野はトリとして終盤の16時過ぎに登場しをバックに自らもギターを手にして「Youngbloods (New Recording 2024)」「約束の橋 (New Recording 2024)」「サムデイ」の3曲を披露。 「サムデイ」についてはTOMOO、石原慎也(Saucy Dog)、石川さゆりの3名が参加し、佐野に替わって2番のメインボーカルを分け合うという当イベントならではの共演となった。

なお、このイベントの模様を2日間にわたって生配信したU-NEXTが、6月28日(金)~7月7日(日)に見逃し配信を実施する予定としている。 詳細は後日発表するとのこと。

追加情報 6/11

サンスポとBillboard JAPANのDaily Newsのリンクを追加。

コミュニティFM レディオモモで「VISITORS」特集【OA済】

岡山県岡山市のコミュニティFM局、岡山シティエフエム(RadioMOMO)の番組「メガトンロックンロールショウ」(毎週金曜日 20:00-21:00 パーソナリティー:宮本弘二/国定正浩)の6月7日放送回で佐野元春の「VISITORS」の特集が組まれた。

1984年の佐野の4thオリジナルアルバム「VISITORS」が先月に発売40周年を迎えたことを記念してのもの。 再放送は6月8日(土)8:00と9:00と21:00-22:00の2回。

Re:minder 伊藤銀次のテキストに佐野元春の話題

音楽情報サイト「Re:minder」にて伊藤銀次が不定期連載中の「90年代の伊藤銀次」に新しい記事が投稿された。

見出しは『伊藤銀次「LOVE PARADE」佐野元春にプロデュースとアレンジを頼むのはどうだろう?』。 かつては佐野をプロデュースする側だった伊藤が、佐野の成長を確かめるべく自身のプロデュースを依頼したというエピソード。

伊藤銀次が1993年にリリースしたオリジナルアルバム「LOVE PARADE」には佐野元春がプロデューサーとして名を連ねており、に編曲などで関わっている。

シングル「Youngbloods(New Recording 2024)」 配信開始

佐野元春 & The Coyote Bandの最新シングル「Youngbloods (New Recording 2024)」の配信が6月5日0時から始まった。

1985年にリリースされた佐野元春 with The Heartlandのシングル曲「ヤングブラッズ」を新アレンジで現在のバックバンド'The Coyote Band'とともに再レコーディングしたもの。 当シングルは配信のみのリリースで、moraなど一部のダウンロード販売サイトはハイレゾ音源(LPCM 24bit/48kHz)も取り扱っている。

佐野元春公式は佐野のYouTube公式チャンネルにてこの曲のミュージックビデオを6月中旬に公開すると予告し、6月3日から1分間ほどのティザー動画を公開している。 ティザー動画には登場していないが、フルレングス版MVには日本のプロリーグで活動するダンスチーム「CyberAgent Legit」が出演しているとのこと。

琉球 HALのアルバム「fifty-five」に佐野元春のカバー5曲

5月25日に配信リリースされた琉球 HALのカバーアルバム「fifty-five」に佐野元春のカバー曲が収録されている。 全13曲のうち5曲が佐野元春の曲。

No.曲名曲のオリジナルが収録されているアルバム
M1マンハッタンブリッヂにたたずんで1982年「NIAGARA TRIANGLE Vol.2」
M3Sugartime1982年「SOMEDAY」
M4君がいなくちゃ2019年「或る秋の日」
M5太陽2004年「THE SUN」
M8恋する男1990年「TIME OUT!」

琉球 HALは沖縄出身のスピリチャリスト。 2009年にソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズより歌手・作詞家としてメジャーデビューしていて、その後も散発的にで曲を発表している。 アルバムタイトルは氏の年齢に因む。

田家秀樹×スージー鈴木 対談で佐野元春の話題

集英社の雑誌「週刊プレイボーイ」の公式サイト「週プレNEWS」に、共に音楽評論家の田家秀樹とスージー鈴木の対談が掲載されている。

1980年代の日本の音楽シーンを振り返るというもので、前半は吉田拓郎、後半は佐野元春、桑田佳祐、中島みゆき、浜田省吾、尾崎豊らの名前をあげてその功績を語り合う。 取材・文/永堀アツオ、撮影/三浦麻旅子。

「日比谷音楽祭2024」 U-NEXTで生配信

6月8日(土)と9日(日)に、東京都千代田区の日比谷公園と東京ミッドタウン日比谷を会場に開催される「日比谷音楽祭2024」の模様が定額制動画配信サービスのU-NEXTで生配信される。

イベントが生配信されることは5月14日に発表されていたが、このほど日比谷音楽祭の公式サイトが詳細な「オンライン生配信タイムテーブル」を発表した。 3つのチャンネルを使って日比谷公園の5つのステージを中継するとしていて、佐野元春が出演する9日15:00からの大音楽堂「Hibiya Dream Session 2」も配信CH1での中継が予定されている。

日比谷音楽祭の公式ホームページ内の生配信スケジュールによると8日のスピッツと9日の小田和正の出演部分は生配信を行わないとしているが、佐野元春についての但し書きは特に無い(5月28日現在)。 『タイムテーブルや出演者は予告なしに変更となる場合があります』とあるものの、佐野が歌ったり演奏したりする様子がインターネットで生配信されるとするならば1998年の「」以来26年ぶりとなる。

番組の視聴はU-NEXT(税込2,189円/月)に加入していれば追加料金は無し。 未契約の場合、31日間お試しの無料トライアルあり。

6/2 J-WAVE「THE EXPERIENCE」 ゲスト出演

東京のFMラジオ局、J-WAVEの番組「Mercedes-Benz THE EXPERIENCE」(毎週日曜日 21:00-21:54 Navigator:亀田誠治)の6月2日放送回に佐野元春がゲスト出演する。

番組は毎回ひとつのテーマに沿ってゲストが選曲していくというもので、佐野はアメリカのジャズ・ピアノ奏者で歌手のモーズ・アリソン(1927-2016、89歳没)をテーマに選曲するとのこと。

『今週は、佐野元春さんが登場! 「MOSE ALLISONの音楽」をテーマに、選曲してくださいます。 お楽しみに!』 ※radiko番組説明より

追加情報 5/29

佐野元春のfacebook公式アカウントが最新ポストで、番組内で6月に配信予定のシングル曲「Youngbloods (New Recording 2024)」がオンエアされると予告した。

facebook公式にライブレポートと配信シングル予告【追】

本日、神奈川県の横浜赤レンガ地区野外特設会場で開催されたサーフカルチャーイベント「GREENROOM FESTIVAL ‘24」から、佐野元春 & The Coyote Bandのステージのレポートを佐野のfacebook公式アカウントが公開した。 セットリストとアライテツヤ撮影の写真も掲載されている。

1曲目に演奏された「Youngbloods (New Recording 2024)」が6月に配信シングルでリリースされることも告知された。 1985年にシングルでリリースされた「」の新バージョンで、それ以外にもThe Coyote Bandの演奏による佐野元春クラシックスのリ・レコーディングが進行中だという。

追加情報 5/27

GREENROOM FESTIVALの公式𝕏がポストした佐野のステージ写真へのリンクを追加。

追加情報 6/5

ライブドアニュースが公開した佐野のステージのレポート記事へのリンクを追加。

5/25 Date fm「33rpm」で「BACK TO THE STREET」特集

宮城県のFMラジオ局、Date fm(エフエム仙台)の番組「33rpm」(さんさんあーるぴーえむ 毎週土曜日 21:00-21:55)の5月25日放送回で佐野元春の1980年のデビューアルバム「BACK TO THE STREET」がピックアップされる。

番組は「アナログ音源専門プログラム」のコンセプトのもと、毎週1枚のアナログレコードを特集し、そのアーティストの歴史や近況などの解説も交えてオンエアするというもの。 番組ホームページで佐野元春を紹介するテキストがすでに公開されている。

Re:minderにアルバム「VISITORS」 に関する記事

佐野元春が1984年にリリースした4thオリジナルアルバム「VISITORS」が本日5月21日に発売40周年を迎えた。 音楽情報サイト「Re:minder」で同アルバムを解説する記事が公開された。

見出しは『【1984年の革命】佐野元春「VISITORS」ニューヨークのヒップホップとロックの初期衝動!』、テキストは音楽ライターの馬飼野元宏(まかいの もとひろ)。

なお、過去には20周年と30周年にAnniversary Editionが発売された「VISITORS」だが、今日の時点で40周年を記念するプロダクツの発表は無い。

近浦啓 監督作品「大いなる不在」のエンディング曲に「今、何処」

森山未來、真木よう子、原日出子、藤竜也らが出演する近浦啓監督の映画「大いなる不在」のエンディングテーマ曲に佐野元春の2022年最新アルバム「今、何処」の曲が使用されると発表された。 映画の公式サイトの5/17付け最新ニュースによると使用されるのは表題曲の「今、何処」だという。

近浦啓(ちかうら けい 46)はここ十数年、佐野のミュージックビデオやライブドキュメンタリーなどを多く手がけている映像作家。 前作の初監督作品「コンプリシティ 優しい共犯」では上映会トークイベントで佐野と対談している。

映画はGAGA配給で7月12日より東京のテアトル新宿、TOHOシネマズ シャンテ他 全国順次ロードショー。

5/25 コマラジ 佐野元春特番

東京都狛江市のコミュニティーFM局、コマラジ(狛江エフエム)で佐野元春特集番組が放送される。

番組タイトル「ファンタイム(FAN TIME,FUN TIME)~佐野元春ファンによる佐野元春ファンのための、でも佐野元春さんにも聴いてほしいレディオショウ」の第3回で、今回もファン有志が番組枠を買って制作オンエアするとのこと。

放送日時は5月25日(土)21:00-21:55。 5月17日(金)締切で、メールによるメッセージを募集中。