固定リンクページ

ロックフェス「BEATCHILD」が映画化 10月公開

カテゴリ: events 投稿日: 2013.08.13 Tue

1987年8月22日に九州南阿蘇の熊本県野外劇場アスペクタで開催されたロックフェスティバル「BEATCHILD」が映画化され、10月26日(土)から全国80ヶ所の映画館で上映される。 記録的豪雨に見舞われる中、7万2千人を動員しオールナイトで決行された同フェスのトリを佐野元春 with The Heartlandが務めており、その出演部分の映像が今回初めて公開される。 映画のタイトルは「ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD 1987」、監督は佐藤輝、音楽監督は佐久間正英。 全国共通前売鑑賞券は税込2,000円で8月22日(木)よりイープラスなどで発売開始(当日券は税込2,500円)。 同映画の公式サイトは劇場限定の特別ロードショーを謳い、TV放映・DVD化・ネット配信を一切しないとしている。 同フェスには12組(+前座1組)のアーティストが集結したが、映画本編に登場するのはTHE BLUE HEARTS/RED WARRIORS/岡村靖幸/白井貴子 & Crazy Boys/BOΦWY/THE STREET SLIDERS/尾崎豊/渡辺美里/佐野元春 with The Heartlandら9組。 佐野元春 with The Heartlandのステージには、現在は作家として有名な辻仁成がギターで参加した。【訂正情報9/9】映画本編に登場するアーティストに「ハウンド・ドッグ」が抜けていました。登場アーティストは10組です。お詫びして訂正します。