固定リンクページ

杉真理ライブにサプライズ・ゲスト出演

カテゴリ: events 投稿日: 2008.05.24 Sat

5月23日(金)に東京・渋谷O-EASTで行われた杉真理のデビュー30周年記念ライブ「魔法の中心」に佐野元春がサプライズ・ゲストで登場した。 アンコールの2曲目「Key Station」を演奏中に佐野が突然ステージ上に現れ、自身のキャッチフレーズ「I wanna be with you tonight!」を披露し、タンバリンで演奏に加わった(1985年の杉のアルバム「SYMPHONY #10」に収録されている「Key Station」のスタジオ・レコーディングに佐野は台詞パートで参加している)。 続いて、杉と佐野が初めて出逢った1974年のヤマハ主催のポプコン関東甲信越大会の思い出話が語られ、佐野のバンドのエントリー曲だった「Bye Bye C-Boy」を1番・杉、2番・佐野のボーカルで演奏。 さらに当日のゲスト伊藤銀次を呼び入れて「A面で恋をして」が演奏された。 1982年発売のアルバム「NIAGARA TRIANGLE VOL.2」(大滝詠一/佐野元春/杉真理)に収録されている「A面で恋をして」は、オリジナルの大滝詠一のパートを伊藤銀次が歌い、他の部分はコーラスを含めオリジナルそのままに披露された。 この曲が演奏されたのは1981年のナイアガラ・ヘッドフォン・コンサート以来約26年ぶり。